JP

EN

ユニティちゃんトゥーンシェーダー2.0

ユニティちゃんトゥーンシェーダー Ver.2.0.4 「ユニティちゃんトゥーンシェーダー」は、セル風3DCGアニメーションの制作現場での要望に応えるような形で設計された、映像志向のトゥーンシェーダーです。 ユニティちゃんトゥーンシェーダーVer.2.0では、従来の機能に加えて大幅な機能強化を行いました。 Ver.1.0でできる絵づくりをカバーしつつ、さらに高度なルックが実現できるようになっています。 【ターゲット環境】 Unity5.6.x もしくはそれ以降が必要です。Unity 2018.1.0f2で使用できます。 本パッケージは、Unity5.6.5p2で作成されています。 【提供ライセンス】 「ユニティちゃんトゥーンシェーダー2.0」は、UCL2.0(ユニティちゃんライセンス2.0)で提供されます。 ユニティちゃんライセンスについては、以下を参照してください。 http://unity-chan.com/contents/guideline/ 【Github】 https://github.com/unity3d-jp/UnityChanToonShaderVer2_Project

最新バージョン:2.0.4.1

最終リリース日:2018.07.05

カテゴリー:3D

形式:zip

バージョン 公開日 変更内容 ダウンロード
2.0.4.1 2018-07-05

ユニティちゃんトゥーンシェーダー Ver.2.0.4.1

「ユニティちゃんトゥーンシェーダー」は、セル風3DCGアニメーションの制作現場での要望に応えるような形で設計された、映像志向のトゥーンシェーダーです。

ユニティちゃんトゥーンシェーダーVer.2.0では、従来の機能に加えて大幅な機能強化を行いました。 Ver.1.0でできる絵づくりをカバーしつつ、さらに高度なルックが実現できるようになっています。

【本バージョンの新機能】 2018/07/04:Unlit_Intensityプロパティを追加 シーン内に有効なライトがない場合に、UTS2がデフォルトのライティングに切り替えますが、その明るさを調整できるようにしました。 主にVR Chatでの特殊なシーン向けでの設定を想定しています。 シーン内に有効なディレクショナルライトがある場合には、本プロパティは影響はしません。

2018/05/04:2.0.4 Release:ターゲット環境を正式にUnity5.6.x以降としました。Unity2018.1.0f2にも対応しています。 コードの全面的な改修およびバグ修正の他、以下の仕様を新規に追加しました。

●UTS_EdgeDetection.unitypackage ポストエフェクトタイプのエッジ抽出フィルタです。 元々はUnityのStandard Assetsにあったものを改造したフィルタ3つに加えて、新規に作成したSobel Color Filterが追加されています。 Sobel Color Filterを使うことで、効果的にトゥーンラインエッジを強調し、セル画時代の色トレス風の雰囲気を出すことができます。 本ポストエフェクトは、ポストエフェクトスタックの前に入れるとよいと思います。

●DX11 Phong Tessellation対応 対応部分のコードは、Nora氏の https://github.com/Stereoarts/UnityChanToonShaderVer2_Tess を参考にさせていただきました。 Tessellationは、使えるプラットフォームが限られている上に、かなりパワフルなPC環境を要求しますので、覚悟して使ってください。 想定している用途は、パワフルなWindows10/DX11のマシンを使って、映像&VR向けに使用することです。 Light版とあるものは、ライトをディレクショナルライト1灯に制限した代わりに軽量化したバリエーションです。

●Positionスケーリングベースのアウトラインを搭載。 従来の法線反転方式だとアウトラインが切れてしまう、キューブのようなモデルに綺麗にアウトラインが出せます。

●クリッピング系シェーダーでアウトラインのアルファ抜きに対応。 アルファ付きテクスチャと組み合わせた時に、背面から見てもアウトラインポリゴンがアルファに従って抜けるようにした。

●アウトライン用テクスチャ(OutlineTex)の搭載。 ●ハイカラー用テクスチャ(HiColorTex)の搭載。 ●PostProcessingStackと一緒に使うことを前提に、エミッシブカラー(EmissiveColor)およびエミッシブ用テクスチャ(EmissiveTex)を搭載。 エミッシブカラー側でHDR値が設定できるので、PostProcessingStackのブルームエフェクトと組み合わせることで、エミッシブ部分を光らせることができるようになった。 ※今回搭載された新規テクスチャに関しても、今まで通り、必要なければ使わなくても問題ないようになっています。

●VR Chatに対応 シーン内に有効なライトが存在しない場合(シーン内にライトオブジェクトがない場合と、ライトのインテンシティが0.001以下の場合を含みます)、デフォルトの明るさ(インテンシティで約0.5程度)で照らされます。 なおVR Chat向けには、システムへの負荷を考慮してMobileフォルダ内のシェーダーを使うことをお勧めします。その場合、ライトは1灯のみの対応となります。

Download ver2.0.4.1
2.0.3 2017-06-25

「ユニティちゃんトゥーンシェーダー2.0」は、セル風3DCGアニメーションの制作現場での要望に応えるような形で設計された、映像志向のトゥーンシェーダーです。

【修正履歴】

2017/06/25:2.0.3:マニュアル修正。【iOS/OSX METALで使用する際の注意】を追加。 2017/06/19:2.0.3:SetHighColorMask、SetRimLightMaskの追加。機能強化の結果、Set_HighColorPositionは廃止。

Download ver2.0.3
2.0.2 2017-06-09

「ユニティちゃんトゥーンシェーダー2.0」は、セル風3DCGアニメーションの制作現場での要望に応えるような形で設計された、映像志向のトゥーンシェーダーです。

【修正履歴】 2017/06/09:2.0.2:Nintendo Switch、PlayStation 4に正式対応。モバイル軽量版の追加。その他機能強化。

Download ver2.0.2
2.0.1 2017-05-20

「ユニティちゃんトゥーンシェーダー2.0」は、セル風3DCGアニメーションの制作現場での要望に応えるような形で設計された、映像志向のトゥーンシェーダーです。

【修正履歴】 2017/05/20:2.0.1:TransClipping系シェーダーのブレンド仕様変更とリムライトに調整機能追加。上の仕様変更に伴い、トランスペアレント系シェーダーを2つ追加。

Download ver2.0.1